リサイクルトナーは純正トナーより保証が充実していて安心です

Recycling toner

リサイクルトナーの業者を選ぶ基準と対応スピード

色相環

リサイクルトナーを利用する以上は、少なくともどこかの業者を選ぶ事になります。その業者選びなどは、意外と重要なポイントになるのですね。なぜなら、それが印刷スピードなどに大きく関わる事も多いからです。そもそも人々が印刷物を作るとなると、早さが求められる事も多々あります。お得意先などに対する都合があって、とにかく1日でも早く印刷物を作りたいと思う事もあるでしょう。ところでトナーというのは、たまにインク切れを起こします。もちろんその場合は、インクの充填などが必要になってくるのです。ただそのインクの補充などは、実は業者によって多少の差があります。かなりスピーディーに補充してくれる業者もあれば、その逆の業者も存在する訳ですね。
ちなみに一部の業者では、即日で交換するとアピールをしていることがあります。上記のように急ぎの時などは、もちろん即日で交換してくれる所が望ましいでしょう。逆にかなり日数がかかる業者もあるのですね。印刷物の完成スピードなどは、お得意先からの信用問題にも大きく関わってくる事も多いです。それを考慮すると、やはりスピーディーに交換できるリサイクルトナーが望ましいですね。できるだけスピーディーに対応してくれるリサイクルトナーの業者を選んで、印刷物を作ると良いでしょう。

リサイクルトナーはサポート充実度で製品を選ぶ

人々が用いる物品は、どこかのタイミングで何かの不具合が起きることもあります。そのような時には、メーカー側による保証などを受けるケースも多いですね。ただその保証などは、年数に関わる違いもあるのです。そして、その年数はリサイクルトナーを選ぶ基準の1つになります。そもそもリサイクルトナーによって、様々な違いが存在するのですね。リサイクルトナーAの場合は保証年数は最低3年となっていて、リサイクルトナーBの場合は5年前後などの具合です。当然ですが年数が長い製品の方が、それだけサポートも充実する傾向があります。長く使い続けられるに越した事はありませんので、上記のAとBを比較すれば、Bの方がベターとも言える訳ですね。
つまり、それがトナーを選ぶ基準の1つです。自分に最適な製品を選びたいと思う時は、年数の長さを基準に比べてみると良いでしょう。またトナーのサポートの対応の善し悪しなども、各製品を比べる基準の1つになります。非常に手厚くサポートをしてくれるメーカーもあれば、その逆のメーカーも存在する訳ですね。もちろん安心して使い続けたいと思うなら、前者のタイプの会社が望ましいでしょう。このような「メーカーのサポート体制」などは、リサイクルトナーを選ぶ基準の1つになるのは間違いありません。

リサイクルトナーは純正品より保証が充実

トナーを使っていると、様々な不具合が生じる可能性はあります。時には何かの理由で、破損が生じる事もあるのです。ところで破損などが生じた時には、販売会社側の保証の充実度などが大きなポイントになってきます。もちろん充実度が高い方が望ましいです。トナーには、2つの選択肢があります。純正品という候補もありますし、リサイクルトナーという選択肢もあるのです。リサイクルトナーなどは値段がかなり低めに設定されていますが、上記の保証に関するメリットも見過ごせません。なぜなら、リサイクルトナーはかなり手厚い保証があるからです。
例えばあるリサイクルトナーの場合は、永久的な保証があります。期限が決まっている訳ではありません。純正品の場合は最大数年などの期限がある事も多いですが、リサイクル品は永久的なのです。またプリンターに対する補償もあるのです。トナーを用いる以上は、当然プリンターも使っていく事になります。ただトナーの不具合によって、プリンターが破損してしまうケースも稀にあるのですね。上記のリサイクル品の場合は、それも保証してくれるのです。純正品の場合は、それがありません。このように色々と保証が充実しているのが、リサイクルトナーのメリットと言えます。

Choices Article

リサイクルトナーができるまで

トナー

今や百円均一にも設置されているトナーインクのリサイクルボックス。使い終わったトナーインクをこのリサイクルボックスに入れる方も大勢いらっしゃるとは思いますが…

»readmore

リサイクルトナーが普及しない原因とは

プリンター

資源の乏しい日本では、資源リサイクルはとても重要なテーマです。リサイクルトナーもこのテーマに沿った商品であり、私はもっと普及すればよいと考えています。しか…

»readmore

リサイクルトナーは費用に関するメリットがある

カラーチャート

印刷を行うとなると、当然トナーなどを用いることになります。ただトナーは、ずっと使い続ける事ができる訳でもありません。どこかで限界を迎えてしまうケースが多い…

»readmore

インクの充填量がとても多い

CMYK

トナーを利用するとなると、インク量が意外と大切なポイントになってきます。トナーによって、インクの収容量も異なるのですね。例えばトナーAの場合は、最大50c…

»readmore