リサイクルトナーは純正トナーより保証が充実していて安心です

Recycling toner

リサイクルトナーが普及しない原因とは

プリンター

資源の乏しい日本では、資源リサイクルはとても重要なテーマです。リサイクルトナーもこのテーマに沿った商品であり、私はもっと普及すればよいと考えています。しかし、現実には思った以上に普及していません。なぜでしょうか?
その原因の1つは、プリンターメーカーにあります。最近プリンターを購入して驚いたのですが、精密機械であるにもかかわらず、5000円程度で立派なものが手に入ります。製造原価を回収できないのではないかと思える価格ですが、それでもメーカーが商品を作り続けているのは、特殊なビジネスモデルがあるからです。プリンターは、消耗品である紙とトナーがあって初めて印刷できます。紙はどのメーカーでも共通で使えますが、トナー(カートリッジ)は、各メーカー専用のものを使用しなければならず、無くなればメーカー専用の非常に割高なトナーを購入せざるを得ません。その上、頻繁にトナーが無くなります。
このトナーの購入需要によってプリンター製造の原価を回収しているのです。そんな中、リサイクルトナーを製造する会社が現れました。私たち消費者にとってはとてもありがたいことです。しかし、リサイクルトナーを使用した際のプリンター故障は、メーカーでは保証していません。この点がリサイクルトナーが普及しない一因となっています。プリンターメーカーは、自社のみではなく業界全体で資源リサイクル活動に取り組んで頂きたいと思います。

Choices Article

リサイクルトナーができるまで

トナー

今や百円均一にも設置されているトナーインクのリサイクルボックス。使い終わったトナーインクをこのリサイクルボックスに入れる方も大勢いらっしゃるとは思いますが…

»readmore

リサイクルトナーが普及しない原因とは

プリンター

資源の乏しい日本では、資源リサイクルはとても重要なテーマです。リサイクルトナーもこのテーマに沿った商品であり、私はもっと普及すればよいと考えています。しか…

»readmore

リサイクルトナーは費用に関するメリットがある

カラーチャート

印刷を行うとなると、当然トナーなどを用いることになります。ただトナーは、ずっと使い続ける事ができる訳でもありません。どこかで限界を迎えてしまうケースが多い…

»readmore

インクの充填量がとても多い

CMYK

トナーを利用するとなると、インク量が意外と大切なポイントになってきます。トナーによって、インクの収容量も異なるのですね。例えばトナーAの場合は、最大50c…

»readmore