リサイクルトナーは純正トナーより保証が充実していて安心です

Recycling toner

インクの充填量がとても多い

CMYK

トナーを利用するとなると、インク量が意外と大切なポイントになってきます。トナーによって、インクの収容量も異なるのですね。例えばトナーAの場合は、最大50ccまでインクを充填できるとします。それに対してトナーBの場合は、最大150といった具合です。それぞれの品物によって最大量も異なる訳ですが、それは使い勝手に大きく関わってきます。と言うのも多くの方々は、できるだけインクの交換頻度を減らしたいとお考えです。長持ちするトナーが良いと思う方々も多い訳ですが、実はリサイクルトナーにはその量に関するメリットがあります。
そもそもリサイクルトナーは、よく純正品と比較されるのですね。もちろんその2つには様々な違いがあるのですが、実はリサイクルトナーは、総じて大容量なのです。しかもその容量は、上記の純正品を上回ることがあります。当然インクの量が多ければ、それだけ長く使い続けられるでしょう。純正品の場合は、使ってから数日程度で交換が必要になってしまうケースも意外と多いです。何せインクの交換頻度が多ければ、それだけ印刷作業は非効率的になってしまいます。それを考えると長く使い続けられるリサイクル品は、メリットが大きいでしょう。

Choices Article

リサイクルトナーができるまで

トナー

今や百円均一にも設置されているトナーインクのリサイクルボックス。使い終わったトナーインクをこのリサイクルボックスに入れる方も大勢いらっしゃるとは思いますが…

»readmore

リサイクルトナーが普及しない原因とは

プリンター

資源の乏しい日本では、資源リサイクルはとても重要なテーマです。リサイクルトナーもこのテーマに沿った商品であり、私はもっと普及すればよいと考えています。しか…

»readmore

リサイクルトナーは費用に関するメリットがある

カラーチャート

印刷を行うとなると、当然トナーなどを用いることになります。ただトナーは、ずっと使い続ける事ができる訳でもありません。どこかで限界を迎えてしまうケースが多い…

»readmore

インクの充填量がとても多い

CMYK

トナーを利用するとなると、インク量が意外と大切なポイントになってきます。トナーによって、インクの収容量も異なるのですね。例えばトナーAの場合は、最大50c…

»readmore