リサイクルトナーは純正トナーより保証が充実していて安心です

Recycling toner

リサイクルトナーができるまで

トナー

今や百円均一にも設置されているトナーインクのリサイクルボックス。使い終わったトナーインクをこのリサイクルボックスに入れる方も大勢いらっしゃるとは思いますが、ここに入れられたトナーがこの後どのようにリサイクルされているのかはご存知でしょうか?回収されたトナーインクは、専門のリサイクル工場に運ばれ、長くとも一週間ほどで新しく生まれ変わります。まず運ばれたトナーは使えるものと使えないもので仕分けされ、細かく分解されます。その後、綺麗になるまで洗浄し、目詰まりなどが起きないようにしっかりと掃除されます。あとは一部の部品を付け替えたり組み直したりして、インクを充填すればリサイクルトナーの完成です。ただし、充填するインクの価格や質が様々なので、購入する際はあまり低価格のものは質が低い可能性もあるので避けたほうがいいかもしれません。
作られたリサイクルトナーは出荷される前に、厳しい品質チェックをして、少しでも不備があれば省かれるので安心です。純正のものと違い値段も安く、きちんと印刷できるのかと心配される方も多いとは思いますが、こうしてリサイクルトナーは専門の工場で丁寧に作り直されているので、上手く選択して使うことで出てくるメリットはたくさんあることでしょう。

Choices Article

リサイクルトナーができるまで

トナー

今や百円均一にも設置されているトナーインクのリサイクルボックス。使い終わったトナーインクをこのリサイクルボックスに入れる方も大勢いらっしゃるとは思いますが…

»readmore

リサイクルトナーが普及しない原因とは

プリンター

資源の乏しい日本では、資源リサイクルはとても重要なテーマです。リサイクルトナーもこのテーマに沿った商品であり、私はもっと普及すればよいと考えています。しか…

»readmore

リサイクルトナーは費用に関するメリットがある

カラーチャート

印刷を行うとなると、当然トナーなどを用いることになります。ただトナーは、ずっと使い続ける事ができる訳でもありません。どこかで限界を迎えてしまうケースが多い…

»readmore

インクの充填量がとても多い

CMYK

トナーを利用するとなると、インク量が意外と大切なポイントになってきます。トナーによって、インクの収容量も異なるのですね。例えばトナーAの場合は、最大50c…

»readmore